ストップ子ども兵士アクション

 ARCでは、子ども兵士の一日でも早い完全廃止を目指し、以下の3つを柱とする「ストップ子ども兵士アクションキャンペーン」を実施しています。

1.日本国内では、あまり知られていない子ども兵士の存在を知らせ、現状を理解してもらう。

2.国際会議へ出席し、他のNGOと協力の下提言、条約の制定を現実化させる。

3.現地児童兵士リハビリテーションプログラムを行っている現地NGOへの直接支援を行う。

  ⇒子ども兵士について知りたい
  ⇒ARCのウガンダ現地支援プロジェクトについて
  ⇒ウガンダの子ども兵士の実態





キャンペーンパンフレット(PDF形式:別ウィンドウで開きます)

■キャンペーン呼びかけ人

・筑紫 哲也(ニュースキャスター)
・黒河内 康(元ナイジェリア大使)
・チャイナ ケイテッツィ(元子ども兵士:X Child創設者)



■今までの活動

2004年 9月 準備会発足。呼びかけ、賛同のお願いの依頼。
10月 第1回セミナー「ウガンダ児童兵士の実態」(講師:下村靖樹)
11月 第2回セミナー「子ども兵士と小型武器」(講師:鬼丸昌也)
12月 第3回セミナー「子ども兵士と進まないPeace Process」(講師:Paul Oketta)
2005年 2月 第4回セミナー(講師:瀬谷ルミ子)
2月 ARCスタッフ(入原)ルワンダ・ウガンダ調査(〜3月)
4月 入原ルワンダ・ウガンダ調査(〜6月)
7月 チャリティイベント「Piece Peace Festa(PPF)」にてARCスタッフ(小峯)講演(PPF実行委員会サイトへ
8月 東京海上マリンギャラリーで写真展(協賛:(株)公文教育研究会)(写真展のポスターはこちら)
8月 第5回セミナー(講師:入原稚奈)
11月、12月 龍谷大学、早稲田大学などで、元子ども兵士チャイナ・ケイテッツィ氏講演(予定)。(早稲田大学の告知ページへ。)

このページのトップへ戻る