戦争トラウマ療養施設支援報告(谷本美加)

●収入

 2003年11月下旬、ソマリアの精神病院で皆様よりご協力頂いた募金を使わせていただく機会に恵まれましたので、簡単ではありますが会計&使途報告をさせていただきます。
 募金の合計額は以下のようになりました。
写真展「MAD SOMALIA」江東区文化会館にて \18,400
横浜国際交流協会会場にて \1,902
その他 \9,795
振込み寄付金 \35,000

合計

\65,097


●支出

 募金は、ソマリア北部のハルゲイサという町にある総合病院の精神科に対するサポートというかたちで使わせていただきました。
 この精神科は、相変わらず資金不足で病院と呼べるようなものではなく、患者さんたちは劣悪な環境のもと寝起きをしています。食事もとても満足なものとは言えません。
 精神障害に加え、住・食生活環境の悪さから、その他の身体的疾病を併発する患者が当たり前のようになっています。
 今回は、渡航が11月で早朝深夜は肌寒かった事もあり、患者さん全員分の毛布と食料、医薬品を、病院のスタッフと共に、現地で購入いたしました。詳細は以下のようになります。

中古の毛布100枚(4$/枚) $400
医薬品(安定剤・ビタミン剤・鎮静剤など) $57
米100kg(昼食用)・小麦粉100kg(朝食用)・ソルガム100kg(夕食用) $195
合計 $652

 上記の食料で、おそらく1カ月程度は患者の食事がまかなえるものと思われます。
 患者・患者の家族・現地のスタッフ・医師はもとより、病院の院長先生にも大変喜んでいただき、サポートした方としても大変嬉しく思っています。
 この度は、多大なるご理解を頂きまして誠にありがとうございました。(谷本 美加)

ソマリアトップへ


このページのトップへ戻る