ARCショップ

 ARCが実施しているルワンダの女性自立支援プロジェクトの一つである、自立を必要とするルワンダの女性へ対するバナナ手工芸品の職業訓練によって作成されたカードを、1セット\1000(送料別)(封筒付き)で販売いたします!
 今年はいつもお世話になっている方、またはちょっと疎遠になってしまった方にカードで思いを伝えてみませんか?
 ご希望の方は、「希望番号および枚数」、「お名前」、「送付先住所」、「電話番号」を明記の上、電子メール(headoffice☆arc-japan.org ※☆は半角@に置き換えてください)にてお知らせください(ARCの個人情報保護方針についてはこちら) 。
 ※掲載情報と在庫状況が必ずしもリンクしていないことがありえます。詳しくはメールにてお問い合わせください。

〔セットに含まれるカード一覧〕

  動物セット-1

  動物セット-2

  人物セット

  風景セット-1

  風景セット-2

 
 
 

◆バナナ手工芸品の職業訓練プロジェクトとは・・・

 現地協力団体である、低所得女性労働者を支援する団体、ARTCF(Association Rwandaise des Travailleurs Chretiens section Feminine:ルワンダキリスト教労働者協会女性部門)のメンバー女性10名が3ヶ月にわたる訓練を受けます。
 年間4期、合計40名の女性が訓練を受けられます。指導は、現地でバナナ工芸全般を修得した指導者達が行います。訓練所での受注も受け付け、修了生を雇い、収益によって持続的に訓練を継続できるように活動していきたいと思います。


※この事業は、国際ボランティア貯金、(財)日本国際協力システム、(財)地球市民財団などの助成を得て行われています。

◆バナナリーフ工芸品指導員の紹介

 ルワンダには、バナナの樹皮・葉を使って作られた工芸品−バナナアート−があります。バナナを切り絵にしたカード、木の板に貼り付けて描いた絵、編んで作ったなべ敷き、コースター、ゆりかご・・・。様々な物がバナナの樹から作られます。バナナアートはルワンダのいたるところで見られますが、ARCが輸入しているものは、その中でも特に繊細に、美しく作られています。それもそのはず。ARCが支援しているローカルNGOのARTCFにいる指導員ポシエン・ンニャーンヒンディ(Pocien MUNYANKINDI)は、実は元々芸術家でした。彼の指導を受けた人々によって、バナナリーフカードが作られているのです。
指導員ポシエン略歴へ

このページのトップへ戻る